×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もしも血液検査で、女性ホルモンの量が基準内になく早発閉経いう結果だったら、足りていない分の女性ホルモンを足すといった医術で女性ホルモンの量を上昇させることができます。薬や酒に含まれるアルコール、合成保存料を代表とする食品添加物等の成分を代謝・分解をして無毒化するメカニズムを解毒(げどく)と称しており、肝臓が果たしているものすごく大事な役割分担のひとつであることは間違いありません。近年のグラスファイ...

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬と言われており、白癬菌というかびが股部や陰嚢、尻等の部位に銭湯や温水プールなどが感染源となり、しだいに増殖する疾患の事であり、即ち水虫のことです。バランスの良い食事をとることやスポーツはもちろんのこと、ヘルスアップやビューティーを目的として、目当ての栄養を補うために色々なサプリメントを服用する事が一般的なものになっているのです。骨を折って大量...

腰などが痛むヘルニアとは、正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間で、緩衝材の働きをしている椎間板という名称の一種の軟骨が、突出してしまった状態の事を指します。肝臓に多く含まれるグルタチオンは、細胞の働きを悪化させたり異変をもたらすような悪い効果をもたらす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の機能をより良くする性質が立証されているのです。アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許期間が...

いわゆるストレスが溜まっていく構造や、便利で効果的なストレス対処法等、ストレスについての詳細な知識を学ぼうとする人は、現時点ではさほど多くはありません。体脂肪の量は別に変動がなく、体重が食物摂取や排尿などによって、ちょっと増減するような時には、体重が増量した分体脂肪率は引き下がり、それとは逆に体重が減れば体脂肪率が高まります。耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ち...

メタボリック症候群とは伝えられなかったとしても、内臓脂肪が過剰に付いてしまうタイプの肥満になる事によって、いろんな生活習慣病を引き起こす確率が高くなることが通例です。スマートフォンの小さなちらつきを低減させる効果のあるPC専用のメガネがいま最も人気なのは、疲れ目の予防に老若男女を問わず関心を寄せているからだと見て取ることができます。温厚篤実、満腹になるまで食べないこと、適度な軽いスポーツなど、使い...

基礎代謝(きそたいしゃ)とは、運動をせずに安静にした状態でも消耗するエネルギー量のことで、その5割以上を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・神経細胞の集団である脳の3つが使っているのだそうです。決して他人事ではない病気であるくも膜下出血(SAH)は、90%近くが脳動脈りゅうという名称の動脈の分岐部にできた不要なこぶが、破れる事がきっかけとなって発症する、命にかかわる深刻な病気であります。所謂ばい菌...

酷い花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが元凶で睡眠不足に陥り、起きてからの仕事内容に思わしくない影響が発生することもあるのです。1日に必要な栄養素をふんだんに含んだ食生活や体を動かすことは言わずもがな、健康増進やビューティーアップのために、あくまでも補助としてたくさんのサプリメントを飲む行為が常識的なものになっていると考えられます。塩分と脂肪の...

食事中は、食物を特に意識せずに口に運んで、20回前後咀嚼して胃に流し込んで終わりだが、カラダは、その後実に律儀に働いて、食べ物を体に取り込むよう勤しんでいる。吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔から血液を吐き出すことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺に繋がる気道(呼吸器…respiratory system)から血が出ることで、吐血とは、無腸間膜小腸などのいわゆる上部消化管から出血す...

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みの防御、様々な覚醒等を管轄しており、鬱病の方は、その機能が鈍化していることが広く知られるようになりました。いんきんたむしという疾患は20〜30代の比較的若い男性に患者が多く、大体陰のう(陰部)にできて、体を動かしたり風呂から上がった後等、身体が温まった時に強いかゆみを感じます。自然界に広く分布しているブドウ球菌(英:staphylococc...