×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

命にかかわる深刻な病気

基礎代謝(きそたいしゃ)とは、運動をせずに安静にした状態でも消耗するエネルギー量のことで、その5割以上を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・神経細胞の集団である脳の3つが使っているのだそうです。

決して他人事ではない病気であるくも膜下出血(SAH)は、90%近くが脳動脈りゅうという名称の動脈の分岐部にできた不要なこぶが、破れる事がきっかけとなって発症する、命にかかわる深刻な病気であります。

所謂ばい菌やウィルスなど病気をもたらす微生物(病原体)が呼吸とともに肺に入ってきて発病した結果、肺自体が炎症反応を起こした状態を「肺炎」と称しています。

苦しい悩みである陰金田虫(インキンタムシ)は20〜30代の男性患者が多く、基本的には陰股部に拡大し、寝ているときやシャワーを浴びた後等、体が熱くなった時に強いかゆみが齎されます。

学校や幼稚園など団体行動をしている中で、花粉症の症状のせいで皆と変わりなく思う存分行動できないのは、もちろん子どもにとってもしんどい事でしょう。


「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの数値を見れば判定することができますが、ここへ来て肝機能が衰えている人数が次第に増大してきたとの報告がありました。

「あまりにも多忙だ」「気を遣う様々な人間関係が苦手」「最新技術や情報の飛躍的進化に追いつけない」等、ストレスを感じてしまう主因は十人十色です。

いわゆるチェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ現地調査のデータによると、大人に比べて子供のほうが飛散した放射能の被害を受けてしまうことは明らかです。

心の病であるうつ病は、強いショックやストレスが心身に掛かり、神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、睡眠障害、憂うつ感、倦怠感、疲労感、吐き気や食欲の低下、悲観的になる、絶望的になる. (意欲の低下)、自殺を試みる自殺企図などの深刻な症状が心身に現れるのです。

ほとんど光が入らない場所では光量不足により視界が悪くなりますが、それにより瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを一致させることにいつもよりパワーが利用されるので、太陽の下で物を見つめるより疲労しやすくなるといえます。


卵巣という臓器に発生する卵巣癌は、普通なら人体をがんから護る仕事を果たす物質を作り出すための型ともいえる、遺伝子の変容が原因で罹患してしまうということが分かっています。

消化器科で診てもらう急性腸炎は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が現れる程度ですが、細菌性のときは、ものすごい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度台の高い発熱がわかっています。

本当に血液検査で、女性ホルモンの量が基準値の範囲を下回っており早発閉経だと診断された場合は、不足分の女性ホルモンを補ってあげる処置で症状の改善が望めます。

70代以上のお年寄りや断続的長期にわたる病気をお持ちの方等は、目立って肺炎にかかりやすくて、治るのに時間がかかる特徴があるので、普段からの予防やスピーディな治療が欠かせないのです。

一旦歯の表面を保護しているエナメル質を減損させるまでに、劣悪化した歯周病は、無情にも病状が小康状態になっても、溶けてしまったエナメル質が元の状態によみがえるようなことはまずありません。


健康に関する関連ページ

女性ホルモンの量を上昇させる
健康のためのヘルパーニチイ
バランスの良い食事
健康のためのヘルパーニチイ
肝臓の機能をより良くする性質
健康のためのヘルパーニチイ
ジェネリック医薬品は至る所で利用
健康のためのヘルパーニチイ
いろんな生活習慣病を引き起こす
健康のためのヘルパーニチイ